チャリンコで立川周辺

  • 2013/05/06(月) 00:16:05

今の会社まで自転車でどれくらいかかるのかママチャリで家族とサイクリングしてみました。

青梅線沿いや昭和記念公園という国立公園の沿道を走って行きますがゆっくりめに走っても所要時間は予想よりも早めの20分でした。

電車で行くより早いです。バイク通勤は禁止ですが自転車ではたまに行ってみようかと思います。

さて立川の北側にせっかく来たのだからちょっと遠乗り気分で前から行ってみたかった東大和南公園に行ってみました。

ここには第2次世界大戦中に戦闘機の機銃や爆撃を受けた跡が残る工場建物が保存されているとネットで見て知り一度は訪れたいと思っていた場所。

昔は軍需工場だったところは現在はきれいに整備された公園となっており、こんな所に廃墟のような建物があるのだろうかと公園内を自転車で移動しているといきなりその建物は目の前に現れました。

ほぼ当時のまま保存された建物はちょっと衝撃的なくらいインパクトがあります。和やかな周りの景色や雰囲気とはかけ離れた異様な感じがありますがそここそにこの建物を保存し多くの人がそれを見て感じることができるようにした意味があるのでしょう。

コンクリートがこの状態ではもしも機銃が人の体に当たったらと思うと当時のこの地で起きた惨状は現代の自分には想像を絶する悲惨さだったのだろうと思うと恐怖心がわいてきます。
実際計3回の攻撃を受け110名以上の尊い命が失われている。

後ろを振り向くとこのようなごく普通の穏やかな公園風景が広がります。



帰りは玉川上水沿いを走ります。
この辺りは車でばかり移動しているので自転車で見る風景は新鮮で歩行者と自転車しか入れない道が多く家から遠からず近からずの地域には案外とまだまだ知らない風景がたくさんあるものだと改めて思いました。

普段車で結構通る道路沿いのただの児童公園と思っていた公園の傍らにこんな湧水の水遊び場があったりしました。
今の家に住んで10年ちょっとが経ちますが自転車や歩きでないと気が付かないものがきっとまだまだたくさんあるのでしょう。こういう発見をするとなんだか楽しくなります。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する