原因判明そして修理完了 SR50R

  • 2013/02/24(日) 02:02:24


なんとリードバルブが割れていました。
結構2スト乗ってきましたがこんなの初めてです。
走行距離数の浅いSR50Rでは考えていなかったトラブルです。

リードバルブの大きな破片は隣のバルブに挟まっていました。
奇跡的だと思います。

割れたリードバルブシート。
クランクケースリードバルブなので大きな破片がクランクケースに落ちていたらと思うとヒヤリとします。
バイクを手放すことになりかねません。
小さな破片は残念ながら落下したものと思います。
それらはこのまま様子をみます。

さて代わりの部品ですが入手性が悪そうで頭を痛めそうですが以前に組んだボアアップキットに含まれていたカーボンリードバルブシートが手元にあったのでそれを組むことにします。

ついでにキャブのインマニ側とフィルター側のラバーパーツのヒビを確認。
インマニ側は表面上のヒビでしたが

フィルター側のは完全に亀裂になっていました。

両方とも黒のシリコンシーラントを塗りたくりました。
これであっさりエンジン復活しました。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/04/27(土) 22:55:16

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/07/15(月) 09:00:08

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/12/16(月) 06:18:41

この記事に対するコメント

ひぇ〜、危うくエンジンがお陀仏になるとこでしたね。

破片は果たしてどこへ行ったのか・・・。ウチのもピストンに大穴が開いた際はクランクケース内が金属粉まみれになりましたが、ウエスである程度ふき取っただけで何とか始動しました。まぁ何やらエンジンノイズは大きくなっちゃいましたが、修理から半年近く経った今も元気ですから何とかなるでしょう!

キャブの給排気部のひび割れはこれらの方法が便利ですよね。ウチのはエキポシ接着剤で直してもらいました。交換するとエライ高い部品ですしね。

はい、危ないところでした。
細かい破片は忘れることにします。
しかしラバー部品のひび割れはちょっと困りますね。
アプリリアが日本を撤退し部品供給が悪くなったそうでこれから心配です。Tuonoもあるもんで。。。

  • 投稿者: MK
  • URL
  • 2013/02/25(月) 23:52:46
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する