Tuono復活

  • 2012/10/06(土) 23:22:50

結局メインキースイッチの接触不良でした。

日本車ではあり得ない事象だと思います。
日本車もこんなんなのかな?
メインキーの接点構造は材料も機構も物凄くちゃちい構成でなんでこんなことになってしまうか予想できないのだろう?とか配線加工、半田加工も本当に稚拙なものになっていました。
樹脂も劣化がひどくポロポロともろくなっています。
電線被覆の状態も不適切で新人のパートさんがやったのではないでしょうか?そんなレベルでした。

結局該当する部品を交換するのが一番いいのでしょうがとりあえず走るようにすることに努めました。

構造からしてよく今まで機能していたなと関心してしまうほど心もとない設計でわずか5年くらい2万キロ走ってメインキーの接触端子が減ってしまうとは同じトラブルって他に起きてないのかな?

いろいろ試したけど接点不良の改善は難しくすぐに再発してしまう可能性が高いので配線図とにらめっこした結果電線を一本追加して一部短絡させれば接点不良を補えると判断しました。

右の画像の黒い電線が追加してものです。

結局これだけでなんとか直りました。
たったこれだけでショップに持って行ったら一体いくらとられていたことか・・。

ただ後遺症が残ります。
接点不良を走行モードではバイパス手術で治してますがキーをパーキングモードにした場合はフロントスモールとテールランプは光らなくなります。

車検では見られないし今までうっかり間違ってパーキングモードで放置してバッテリーを上がらせたことが何度かあるので別にちょうどいいかもしれません。

しかし出来れば部品を交換して完治させたいと思います。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

-

管理人の承認後に表示されます

  • From: |
  • 2013/04/25(木) 12:07:29

この記事に対するコメント

お久しぶりです。
何だか80年代から90年代前半の日本車で採用されていそうなスイッチですね。

しかし、よく直されましたね〜。電気系は苦手なので、原因がわかっても中々て出ししづらいです(><)

電気的トラブルですがたまたまハンドル周りの配線をグニャグニャしていたらここかな?って具合にわかったアナログチックな原因でしたのでなんとかなりました。
こんなトラブルで原因がわからず中古車販売業者に安くたたかれて引き取られていったアプリリアオーナーって少なくないのかも知れませんね。

  • 投稿者: MK
  • URL
  • 2012/10/09(火) 22:37:23
  • [編集]

はじめまして

はじめまして。僕もTUONO1000RとRSV4に乗っているものです。僕のTUONOも同じ問題がありました。この他にもメータが雨水などで逝かれてしまうという現象があります。この場合は、メーター交換しないと駄目です。各所に使用されているコネクターなども防水になっていないので、防水タイプに置き換えしませんとエンジン始動出来なくなったりします。ただ、伊太利亜車ですからこんなもんかと思っております。

こうば長さんはじめましてこれからもよろしくお願いいたします。
伊車だからといいながらもさらにRSV4まで行ってしまっているんですね。これからもいろいろ教えてください。

  • 投稿者: MK
  • URL
  • 2012/10/28(日) 21:53:20
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する