ツナギ

  • 2011/05/26(木) 00:31:03

子供の皮ツナギをネットで毎日見ていたら、ヤフオクでいいの見つけてしまいました。
で、買ってしまいました。
って自分の買ってどうする?
そう自分のなんです。

レース復帰の目途もないのに好みのデザインや仕様、そしてサイズが合いそうなのが超安値で売っていてコロっと落札出来てしまいました。

しか〜し!おなかがやっぱりキツイです。
やっぱ痩せなきゃだめだこりゃ。

4年半振り

  • 2011/05/21(土) 20:35:50

行ってきました。
オートスタジオスキルさん主催の教室。場所は中央サーキット藤野。
4年半ぶりの参加です。「復帰」に嶋根社長も喜んでくれました。

向かう途中車中で聞いてみると4歳の時に教室に行ったことなどすっかり記憶から忘れているようでした。覚えているのは新品の皮ツナギが硬くて体が動かなくて泣いたことと、3年前に秋ヶ瀬のレースでペケになったこと。

悪いイメージだけが思い出になってしまっているようだ、そんな革ツナギは新品のまますっかり小さくなってしまったのでプロテクターとグローブを借りての参加です。脊椎パッドはまだ使えました。

ポケバイは自前のを持って行って燃料だけ面倒みてもらいました。
走りはじめると長期放置していたバイクはカブリ気味で不調でしたがプラグ交換やらアイドル調整でなんとか走行できました。
それでもまだ中低速がカブってるのでもう少し整備が必要そうです。
もしまた走るならね・・

さて走行開始ですがあまり期待せず、厳しくせず、見守ることを自分に言い聞かせ子供にバイクを委ねました。

走ってしまえば面白くなったようでグルグル走り回っていた。
4歳のころに比べると体がしっかりした分見ていて安心だ。
走りにも積極さが伝わってくる。
だんだん調子があがってきてもっと走りたい!ってなったくらいに3時間の教室は終了でした。

「また乗りたい!」と帰りにせがまれたのはいいんだけど練習走行には革ツナギが義務付けられている。
前に買ったツナギの二の舞になるのが怖い。

帰りにはサーキットのすぐ近くにある「藤野芸術の森」という所に立ち寄りました。いろいろ工作が出来たり、キャンプが出来たりと楽しそうなところです。

今回は粘土でお皿を作ってみました。
ただし焼きあがって届くのがなんと2か月後だそうだ。ともすると忘れたころに届くってのもそれはそれでよしかもね。

それから温泉にも寄り道しました。
前から気になったいたかけ流しの日帰り温泉「東尾垂の湯」。

ひとっ風呂浴びてゴロンと寝転がって蕎麦食べたりのんびり過ごせました。
実はこの温泉に入るのがおいらの今回の目当てだったのでした。

さーてどこかにいい子供用革ツナギがないかしばらく探す日々が続きそうです。
中古のオンボロでも結構ですのでどなたか安く譲ってくれませんか?今の身長は135僂任后どうぞよろしくお願いします。

ちょっとうれしい

  • 2011/05/20(金) 23:38:40

ふた月に一度通院しているのですが入り口の受付マシーンから出てきた紙に受付番号が999のゾロ目が出てきました。
これはきっと何かいいことあるぞと思いました。

病院が終わり夕方までまだ少し時間があります。
パチンコにでも行って運試しでもしてみようかとも思いましたがTUONOで奥多摩に行ってみました。

奥多摩へはVFが壊れて途中で引き返したのを除けばもう5年ぶりくらいかもしれません。
TUONOで遠乗りも初めてです。

さてさてTUONOはどんな走りをするのだろうかと楽しみでした。

期待通りの走りでした。
やばいこのままサーキットに持って行きたくなってしまった・・・・。

それにしても久々の奥多摩は車もバイクも少なくて天気も良く頂上付近は午後4時でも20℃と爽やかでした。

あっ特にいいことあったわけでもありませんでしたね。
まあ無事帰ってこれたってことで○とします。

ポケバイは・・・

  • 2011/05/04(水) 23:37:24

封印状態となっていたポケバイ。
久々に引っ張り出して整備しました。

親が一生懸命でもあまり乗りたがらない子供に無理に勧めてもという思いから遠ざかっていた。

バイクは普通の習い事と違って本人が楽しくなくてもいつか役に立つというものでもない。
子供自身が楽しくなくては意味がないのだ。
そんなことを言ってもはじめのうちはやはり強制していたことを否めないのも事実である。

そのうち面白さを知れば自分から夢中になるだろうと思っていたけど本人の口からまた乗りたいと言うまで待つことにした。
時が過ぎるのは早いもので3年以上おいらもポケバイのことを忘れてしまっていたこの頃でしたが、ほんの数日前、息子と風呂に入っていたら突然また乗りたいと言い出した。
「どうした急に?」と問うと「なんとなく」ということだ。

そこで本日開かずの間のようになっていたポケバイ収納のために作った物入れを久々に開けてみると74Daijiroはすっかり埃まみれになっていた。

外装は息子自らがきれいに拭き掃除した。
燃料タンクとキャブの洗浄をした後ほんの少し混合ガスを作ってエンジンをかけてみた。
すぐに始動しアクセルをあおるとおどろくほどレスポンスがいい。

息子はすぐにまたがって家の前を少し走ったりしばらくまたがって遊んでいた。
10歳になった息子には5歳で買ったポケバイはえらく小さく見えた。

「もっと走りたい!」「いつ連れて行ってくれる?」
なんだよ急にやる気になって・・・・・・


うれしいじゃねーかよ。

GW

  • 2011/05/03(火) 23:35:55

GW前半は自分が育った北区に潜伏し王子駅、赤羽駅周辺を自転車でうろついていた。
通った小学校を子供に見せたり昔住んでたところに行ってみたりと20年以上振りに訪れた路地裏や公園、商店を見て回ったりしていました。
なかなか面白いのでまた近いうちに今回行けなかったところも廻ってみたいものです。

そして今日は久々に奥多摩に出かけました。
車で行くのはもう10年以上振り。
子供を連れて行くのは初めてでした。
車で家を出て1時間もしないうちに自然いっぱいの風景になることに子供は驚いていた。
近くにこんな素敵な観光地があったことを忘れていました。
払沢の滝、都民の森など定番とも言える所に行きました。
今回行けなかった鍾乳洞やダムの魚道など魅力的なところが盛りだくさんです。

そんな中でもちょっと変わった場所が今回の目当てでもあったのでした。
それは偶然ネット上で知ったロープウェイの廃墟でした。

周遊道路の青梅側の入り口跡近くにある鉄塔は意外と目立っていましたが今までなんとなく通り過ぎて気が付きませんでした。

駐車場の中に鉄塔は立っておりそこから駅舎と思われる廃墟の中に今でもゴンドラがぶら下がっていました。

もっと近くに寄ろうと思いましたが不気味で怖くなり家族連れでもあるのでやめときました。

奥多摩の〆は「のんきや」の手打ち中華そば。
2年ぶりくらいに食しましたがうまかったです。

そうそう駐車場のタコ焼き屋のおじさんに聞いたところ今年からバイクの一方通行は廃止になったそうです。

バイクだけ一方通行にするなんて馬鹿な試みが実行されたことに呆れて行くこともなくなっていたのですがバイクの数が激減し事故は減ったのですが地元観光業の人々からは不評で今年から元通りバイクも普通に走れるようになったようです。

あまり知られてないんじゃないですかね?
ただ残念なのはやはり途端に道端の花束が増えたのも事実だそうです。

タコ焼き屋のおじさんも言っていたのですが連休とは思えないほど奥多摩はガラガラに空いていました。