三線教室

  • 2010/09/25(土) 22:04:50

三線を買ってからそろそろひと月が経つ。
出張やら残業やらでなかなか触れる時間が出来ないでいる。

変なクセが付く前にちゃんと教室で習いたい。
以前Youtubeでたまたま見かけた沖縄民謡シンガーで上間綾乃さんという方がいらっしゃる。
ライブの映像
を見てて、かっこいいな〜いつかライブを見に行ってみたいなと思っていたのですが
たまたまその方のホームページを見かけたらこの9月から東京で教室を開くとのこと。
当然申し込んで本日参加してきました。

まず、昨日の晩は会社の壮行会やら送別会で夜中の2時過ぎまで飲んでいたので寝坊してしまい練馬の会場へは遅刻して到着。

そしてたぶん参加者の中で一番ヘタでした。
だってバチの持ち方も裏表逆みたいなテイタラク。
姿勢からバチの持ち方だけでも何度注意されたことか・・・

しかし習わないまま自己流でやっていたらまったく気付かないままのことだらけでやっぱり教えてもらうことは大切です。

先生は映像通り、それ以上の美人さん。
ヘタクソオヤジがへこたれずに通うには大切なポイントである。
今度の11月の教室にはもう少しうまくなってるようにがんばるぞ。

カリフォルニアの青い空

  • 2010/09/17(金) 14:56:44

昨晩は日本から持って行ったノートパソコンがセキュリティシステムのせいでホテルでメールを開けず対応策に追われながら電話したりと結局こっちの時間で寝たのが3時過ぎ。

通信手段が発達したせいで携帯にも普通に取引先から電話がかかってきてしまう。
その場合は今海外にいることを告げて早めに電話を切り上げてメールのやり取りに切換えてもらう。
そうでないと先方にびっくりするような電話代の請求が行ってしまう。

いままでなら日常業務からは開放されるのが海外出張の唯一の心のよりどころだったのだけど今は時差なんておかまいなく日本からかかってくる電話に対応せざるを得ない。

そのおかげで家族ともWebメールで通信できたり、こうしてブログに書き込んだりできるので一長一短である。

もう時差ぼけと本当の寝不足が混ざっちゃって昼間は眠くて大変。

せっかくだから一日くらい観光したいが午前は展示会、午後はとある会社を訪問させていただいたりと忙しくってホテルに帰るころにはとっぷりと日が暮れてしまっていた。

でも移動途中に見上げた空はやっぱり格別に「青い」気がしました。
明日は起きたら空港に行かなくてはならないのですがせっかくロングビーチにいるわけなので時間があったら海にでも寄って行きたいものです。

少し時間がとれました。

  • 2010/09/16(木) 18:46:00


名物の店でクラムチャウダーとカキフライのセットを食べました。
カキフライは普通にうまかった。
アメリカで日本人にとって「普通にうまい」は絶賛に近いのです。
なかなか普通にうまいものに会えないのです。


移動日なので飛行機の搭乗時間を気にしながらでしたが
ボーイングフィールドにある博物館にコンコルドが展示されて以来一度は見てみたいと思っていたので強行的に行ってみました。

やっぱりカッコいいです。
自分の世代ではコンコルドは飛行機の中のスター的な存在です。
マッハ2で飛んじゃってフランス、ニューヨークを3時間くらいで飛んじゃってたんじゃなかったっけ?
そして全席ファーストクラス!
とにかくすごいのだ。

引退しこの博物館にやってくる時にも米国内の民間飛行機の移動最高速度記録を軽く更新してこの地に降り立ってきたということらしいです。

最後の最後までカッコいいままの色男的飛行機です。
下から見上げてもかっこいい。

再びシアトルに

  • 2010/09/15(水) 16:50:39

着いたその日に時差を無視しして仕事をしたので初日は30時間寝ないで働きました。
なので今回の出張はとにかく眠い。

眠くて移動の車の中でも助手席で落ちるように寝てしまうのですが
同行者の強い希望と推奨により野球観戦に行きました。
もちろんシアトルといえばセイフィコーフィールド。

写真じゃ小さくてわかりませんがイチロウ VS 松坂だったりします。
日本のプロ野球も最近は見に行ってませんが、スタジアムといい、観客といい何から何まで日本のとは別物のような感じがしました。

最初は行くことに正直気が乗らなかったのですが楽しいひと時を過ごせました。
ただなんとなくだらだらと試合が進行していく感じがあり
夜7時開始の試合は終わりが10時半を回っていました。
もう眠いのと寒いのとで少々つらくなりました。

特に遅延するような原因も無く、いつもこんな感じのような雰囲気でしたがさすがに進行が遅いような気がします。

しかし最近の日本のプロ野球のように放映時間や帰りの交通機関のことを優先しすぎて急いでプレーしているより各イニングの合間にエンタテイメント的なものを盛り込むアメリカのプロ野球はさすが本場な気がしました。


明日は米国内の他の州へまたまた移動です。

沖縄で釣り

  • 2010/09/11(土) 23:07:39

夏休みの沖縄で釣りをしてみました。
安い振出し竿を子供のリュックに入れて持って行きました。
適当な浜や岩場、漁港の防波堤からルアーを投げてもなんにも釣れない。

夕方の名護漁港近くの釣り具やさんで使い切りサイズの100円オキアミと小さな針のサビキなどを買い熱帯魚釣りをしました。

子供でもかわいいサイズの熱帯魚が釣れて大興奮。
このような「熱帯魚」らしいハタタテダイも釣れて面白かったです。
二日続けて夕方に行ってしまいました。

釣ってそのまま飼いたくなるお魚です。
実際に150センチの水槽で自分で釣った熱帯魚を飼ってる地元のおじさんが釣りをしてました。

なんでも水槽の海水はひと月かふた月に一回くらい海から汲んでくるからお金はかからないらしい。
でも冬は沖縄でも水が冷たいから人工海水に頼っちゃうらしい。

そのおじさんと毎日夕涼みに来ている元船乗りのおじさんやらと三人で暗くなるまで港で話し込んでしまったりしました。
楽しい時間を過ごせました。

来年もここに来ようと思います。
おじさんたちにまた会えるかな?



つらい

  • 2010/09/06(月) 23:48:49

今朝、出社前に日本テレビのズームインを見ていると珍しくバイクのレースのシーンが流れた。

一瞬日本人のレーサーが優勝したのかな?と思ったが、すぐにいやな予感が走った。

最近は二輪モータースポーツで例え日本人が快挙の優勝をしてもそれを称えるニュースは皆無になったが事故を伝えるニュースだけは流れるのである。

残念なことにその予感通り選手の事故死を伝える内容だった。

その選手は日本人期待の弱冠19歳の富沢選手のレース中の事故による死を伝えるものだった。

富沢選手は今期からはじまったニューカテゴリーのMOTO2クラスでいきなり優勝しその後も快進撃していた。

見ていて今最も夢中にさせられるライダーだった。
まだ19歳、自分の息子と10歳しか変わらない。
インタビューにもしっかりしたコメントで応え、海外プレスには英語で応えていた。

世界の舞台に出る人だから才能はもちろん努力家であることは当然なんだけど、彼はまだ十代でそこに立っていた。
本当に凄いことであり将来最高峰クラスのMotoGPでの活躍が楽しみな選手だった。

家に帰り昨夜録画していたレースを見た。
事故の直前までいいレースをしていた。
本当に惜しい。

自分のようなただのバイク好きのおやじだが心から追悼したい。
夢を見せてもらいました。ありがとう。