日本海を見た。

  • 2008/06/29(日) 23:29:17



昨日の土曜、日本海に面するとある街に行ってきた。
そこはおっ君の生まれ育ったところだ。

彼のお父上がご逝去されたため同期の覚ちゃんと二人旅で赴いたのである。
新幹線と在来線とを乗り継ぎ往復12時間近い時間がかかる場所だった。

新潟からの車窓はほとんどが日本海を横に見ながら走る。
その景色は遠くに来たという実感とともに、ほんのりと心を和ませるものであった。

20年近く前に間瀬サーキットに行ったときに日本海を見て以来だが、今回は実に長い時間眺めていた。

砂は明るい色で海の色はコバルトブルーでとてもきれいだ。
日本海というと冬の寒そうな情景が浮かぶがこの日は波も無く終日穏やかだった。

おっ君にはゆっくり故郷で家族と過ごしていてほしい。
彼も今週の筑波にエントリーしているが今はそれどころではない。
そんな訳で彼のトランポに載せてもらっているおいらも出場は微妙だ。

何台でしょーか?

  • 2008/06/27(金) 01:11:56

今度の筑波のエントリーが発表になりました。
それによるとNS1のエントリーは5台。
一向にエントリーが増える気配が無いのだが大丈夫かこのクラス?

それに引きかえドカティーのレースが大盛況なこと!
クラスも初心者から激速本気クラスまですべて多数のエントリーがある。

セレブな高価マシンでレースしたい人がこんなにいるっていうことはレース人口が減っていると言うのは適当じゃないのかも、認識を改めなくてはいけないのかな?

単に金持ちが多いとかそういう単純なことではないですね。
レースに興味がある人から見て魅力的な日本車が無いっていうのは理由のひとつでは無いでしょうか。

それと共に売る側の努力も大きいと思います。

日本のバイクメーカーは過去の空前のバイクブームで胡坐をかいてしまい国内の2輪振興に何も努力をしなかったものだから現在はビグスクか外車が良く売れるような状況になってしまったのではと思っています。

それに比べてハーレーやドカは売る側ががんばって商品をより魅力的にする努力をしているのが良くわかる。
「どうせ買うならきれいなお店で」とか「なんか所有感感じるよな〜」なんて気持を客に味あわせる術がうまい。
その時世の客の気持をよく考えていると思います。

そっかドカティか〜

ラブミー牧場

  • 2008/06/24(火) 23:53:06

こないだのSUGOのレース前夜に大友さんに連れて行ってもらったお店。
それがラブミー牧場です。

エントリーリストのチーム名にこの名が記されているのを目にした時から一体なんのことなのか気になっていたのですが、それが居酒屋さんと知ったのはしばらくしてからでした。

それから数年を経てやっと行くことが出来ました。




仙台のレーシングチームドミンゴの本拠地でもあるこのお店に呼ばれたということは、いわば完全なアウェーな訳でボコボコにされてデロデロに飲まされて次の朝はサーキットどころでは無くなるんじゃないかと恐れながらも、それもいいなと期待しつつ・・・。

しかしSUGOまで車で戻らなくてはいけないのです。
一緒に行ったおっ君に運転を任せて一人で飲んでしまいました。

大友さんともいろいろ話しましたね〜。
大友さんの趣味の話から息子さんの話などなど実にあきることがありませんでした。
大先輩いや先生いやいや師匠と呼ばせてください。

マスターも実にやさしいお人柄ではじめて来たお店とは思えないくらいリラックスできました。

バイクと楽器好きが集まるお店と言う感じがしてなんともおいらにとっては魅力的なお店です。
近くにあったら週3回は行くのは確実です。

刺身がうまかったな〜。
おにぎりでかかったな〜。
ベーコンステーキ品切れが残念だったな〜。

また行きま〜す。

ミシュランがんばれ!

  • 2008/06/19(木) 22:27:56

去年から?一昨年からだっけか?
ミシュランがやっているライダー応援プログラム
これでここ一年でゲットした貯金ならぬ貯タイヤです。



おかげさまで本当に「応援」というか、まさに「援助」といえるくらいのありがたさなのです。

こづかいというにはあまりにも大きな費用が掛かるレース。
特にタイヤ代は半端ではありません。
前後で4万は簡単に超えるものが2レースでポイなんですから。

2レース持てばいいのかも知れません。
練習する人なら1レース毎に1セットでしょうね。

しかしケチると成績に響くどころか危険に直結するのがタイヤなのです。

いまや2輪レース界はBS全盛というのが正直なところ。
まさに一人勝ちみたいな状況です。

性能的にはミシュランという神話がモトGPでロッシがことごとくストーナーに負け。
今年からはBSに乗り換えてしまった背景もあり。

バイク乗りには特にミシュランはイメージが良くないのかな?
おいらの出るレースでもミシュランは少数派のようです。

しかしですね。
ミシュランはモトGPクラスとかではどうかわかりませんが街乗りや周回数の少ない草レースでは全然問題ありません。


SZRを中古で買った時1シリーズ前のSPタイヤを履いていたのですが真冬にツルンと転びまして相当低温時の印象が悪く某有名A級ライダーさんも「それウォーマー使わないと全然だよ」などと言ってました。

その頃のミシュランユーザーの多くは国産に切り替えたんだと思います。
たが今の「パワーレース」はいいですよ!
ウォーマーが無くても3月の筑波で1周目からウォーマー使用車について行けるしね。

確かに値段は国産に比べると少し高いですが実力はいまだ優位にあるのではないでしょうか?(偉そうでスイマセン)

なんといっても、こんなおいらでも好成績を残しているのが何よりの証拠です。

ミシュランユーザーが増えてライバルが増えるも怖いのですがミシュランさんにはこれからもこの応援キャンペーンを続けていただきたく、それには少しは宣伝した方がよいのかな?と思った今日この頃です。

サンデーレーサーの方でこのブログを読んだ人は是非ミシュランを試してくださいな。

筑波のタイスケ

  • 2008/06/19(木) 21:42:39

来月の筑波TTの受理書が送られてきた。
それによると車検は7:50からとなっていた。

いつも7:00からなので少しは楽である。
せっかく旅館に泊まるので朝ごはんくらいは食べて出てきたいものである。

今回一番朝早いクラスでも7:30車検開始である。
少しは参加者を気遣ってくれているのだろうか?

朝8時に予選なんてゾッとしないもん。
今回は8:50から予選開始なので体もついて行けそうです。

ただ参加台数が気掛かりである。
NS1は一体何台集まってるんだろう。

SUGOの結果?

  • 2008/06/18(水) 23:27:49

ポールポジションで迎えた決勝。
サイティングラップを終えいよいよスタートの瞬間が近づいたその時になって気が付いてしまったのだ。
「シグナルって何がどうなるんだっけ?」

最近は日章旗振り下ろしスタートに慣れていたのだがこの日は久々のシグナルスタートであった。

もう遅い・・。何やら赤く光ったランプが消えた瞬間轟音に包まれた。

まわりよりやや遅れてアクセルを開けてスタートしたその直後に右側の視界に何やら大きな物体が現れた。
2メートルはあろうその物体はなんと2番グリッドの大友さんの大ウィリーであった。

「ひっくり返ったんじゃないか?」と思えるくらいの豪快な竿立ちっぷりである。
すると驚いている間も無く2台のターミマシンに一気にぶち抜かれた。
とにかくその2台の後を追って1コーナーへ続いた。

すぐに2台のモタードの背後にぴたりと付いたものの1周目のSPアウトでアクシデントである。
コーナー立ち上がりで左足のつま先がシフトペダルに触れてしまいギヤダウンのシフトミスをしてしまう。

このミスでマシンが挙動を乱しバランスを軽く崩した。
その間にターミ達が行ってしまう。
しかし離された距離はまだまだがんばれば追いつけるレベルである。

シケインでその差を取り返すべくがんばるものの左への切り替えしの時に右太ももに違和感を覚える。

「えっ?なんだろ?」そのまま2周目に入るがどうもさっきシフトミスした時に乱れたマシンを抑えるために踏ん張った右足が肉離れみたいになったみたい。

転倒と違ってなんと地味〜な身体的トラブルなんだ?
走りながらどれだけ痛いのか?軽症なのか?それを探るのが非常に難しい。
集中力が低下してしまう。

2周目の2、3、4コーナーと痛みの具合を確かめるとどんどん痛みが増してくる。
しかし走れないほどの痛みではなかった。

気を取り直して再びコースを攻め込むと徐々に2番手のターミマシンに追いついて行った。
しかし後ろに付けてもパワーに勝るターミマシンはなかなか抜けない。

数周後ろに付いているうちにこちらのペースは完全に乱れてしまった。
すると突然シケイン立ち上がりで前を行くターミマシンが失速した。
「なんだよ〜こんなに簡単に抜かせてくれるの〜?」ってくらいである。

通常ならあり得ないホームストレート登りでターミを抜くがすぐに直線終わり頃にはスピードを盛り返して横に並んできた。

いや〜ここで抜かれたらまた前に出るのは大変である。
なんとかがんばって2位をキープしトップを行くもう一台のターミを見るといつの間にか随分と先行されてしまっている。

右足は痛いしスペアタイヤを家に忘れてケチッて交換しなかったリアタイヤはシケイン立ち上がりで少し滑り始めている。
そんな状態で最終ラップとなった。

このままでもクラス優勝は確実だ。
しかし大友さんは必ず大ウィリーの遅れを挽回して今頃すでに後ろに付いているだろう。

そう思うと急にプレッシャーがかかった。
大友さんは後ろにいるの?いないの?どっちなの?
もう走るしかない。

そしてなんとか総合2位をキープしクラス1位でゴールした。
本当は大友さんとバトルしつつ去年のベストタイムを更新して総合優勝と行きたかったんだけどタイムは走り終えて「えっ?」っていうくらい気持とのギャップのあるものでした。

大友さんは一時はペケ近くまで落とした順位を怒涛の追い上げで挽回し最終ラップにはおいらをロックオンしていたようであと1周あったらヤバかった。


SUGOの結果?

  • 2008/06/16(月) 23:59:28

レース前日の前夜祭はどこに行ったのかは後ほど書くとして一晩明けての日曜日。
前日に続いていいお天気に恵まれました。

いよいよレース復帰のどらりだぁさんとも去年以来の再会です。
去年ピットクルーをしていただいたお友達も一緒です。

今回はおっ君と二人だけの遠征だったのでまたまたピットクルーをお願いしてしまいました。

そしていよいよ予選です。
予選は珍しく早めにコースインし周回を重ねました。
SUGOではラップショットが使えないので走りながらタイムの確認が出来ない。
ボードも出してもらってないのでタイムはある意味盲目的に走るだけだ。
走りだけに集中できるというメリットもある。

それでも終わってみれば予想外に総合でトップとなりポールポジションでした。



我がライバルの大友さんはどうしたのかというとコースインをやや遅らせたためにクリアラップが作れなかったそうでした。
それでも0.1秒差で2位となりピッタリ後ろに張り付かれた感じです。

このままポールTOウィンだ!と意気込んでみたのですが作戦としては先行逃切りで勝つか大友さんの後ろでチャンスを待つかのどちらかになりそう。


予選は朝9時頃ですが決勝は午後3時くらいから、トラブルが発生しない限り時間はたっぷりある。

バイクを軽くイジってサマーベッドで寝てコーヒー飲んだりとレースに来ててもゆったりと過ごせるのがSUGOのいいところ。

やっぱりレースデーでもパドックに車を持ち込めるのがありがたい。
ピットに車を横付けしてるので何をするにも不自由を感じない。
トイレも近くにあるしピット自身も広い。

もうひとつ筑波との大きな違いはピットロードからピットに入れるところだ。
これってサーキットでは当たり前とも思われるのだが筑波ではピットとピットロードは高さ1mくらいの壁で仕切られている。
車のレースの場合筑波ではどうやってるんだろう?

地震

  • 2008/06/14(土) 23:58:46

朝起きてみるとテレビで地震の報道。
先週行ったばかりの宮城県である。

サーキットを一緒に走った大友さんや飲みに行ったお店のマスターの顔が脳裏に浮かぶ。

その後大友さんのご無事は確認出来ましたが、時間が経てば経つほど被害の規模が明らかに・・・。

皆さんどうかご無事でありますように。

SUGOの結果?

  • 2008/06/13(金) 14:08:13

今さら?って感もありますが先週のレースのレポートです。
去年の10月以来のSUGOでしたが行きは下道を若干迷って羽生から東北道に乗りました。
いつもの下道を一時間以上かけて外環大泉まで行くルートと同じ位なので高速料金の節約にはなりました。

結局午後1時頃サーキットに到着だったんだけど、そんな時間でもピットが空いていて筑波とはまったく違うムードに遠くから来た遠征組としては何かほっとするものがあります。

今回はパワーアップを目論み、いきなりクリーナーボックスを外してみたらエンジンがなかなか掛からずプラグを交換したりキャブ掃除したりしてやっと掛かったもののバックファイヤーや吹き返しがひどくすぐにエンジンが止まってしまう。

どっか壊れたかなーと思うくらいの調子の悪さだがクリーナーボックスを戻すとコロっといつもの調子にもどった。
よっぽど今の状態はガスが薄いのかな〜なんて思いながら今回は直キャブを見合わせました。

そして練習はこの日最後の夕方の4時からの走行で涼しい空気の中を気持ちよく30分走ることができた。
最近にしては珍しく途中一度も休むことも無く集中して1本走りきった。

ここのところ仕事で疲れ気味でありまして、決して体調は良くも無く。
おまけに前の週に痛めた腰も長距離運転で痛みが増していたのですが不思議に走った後はなんか体がほぐれて心地よい疲労感に包まれた。
腰の痛みも走る前より楽になっていました。

タイムは1分52秒台後半で決してベストでは無いけれど、肩の力を抜いて楽しく走れた。
こんな感覚は久しぶりで明日のレースが楽しみになります。

練習の後はミシュランタイヤサービスに行って前タイヤを交換してもらいました。
サンデーレーサー応援キャンペーン
でいただいたタイヤなのでタダでした。
本当にありがたいです。

さて練習のあとは大友さんに食事にお誘いいただいていたので仙台市内に繰出しました。

眠くて眠くて

  • 2008/06/10(火) 22:41:28

なんにも書込みが無いとレースで怪我でもしたんじゃなかろか?などとご心配戴いたりしたら申し訳ありませんのでここに無事帰還したことをご報告します。

レース結果をこのブログで報告したいのですが、仕事の帰りが遅いため眠くて眠くて書けずにいます。

今回はレースだけじゃなくて前日の夜から盛り上がって楽しかったのでそこら辺もあとでゆっくり書く予定です!!