肩腱板その後

  • 2012/12/03(月) 22:31:48

術後約1年が経ちMRIを撮って検診を受けました。
左が術前で右が現在。

腱がちゃんとくっ付いているのが良くわかります。
ほぼ完治ですがまだまだあと2年くらいは回復し続けるそうです。
半年後の来年6月にはまた定期健診です。

さてこのブログにも同じ肩腱板を痛めた方からコメントをいただいており質問などもありましてこの機会に患者視点の経験談を書かせていただきます。

腱板断裂の程度について
完全断裂と部分断裂があるようです。
完全断裂は手術しないと直りません。

痛みはどんなものか?
2週間しても痛みが和らがないのでただの炎症ではないと思いました。
痛みは寝付けないくらい痛いです。就寝中に痛みで朝までに一度か二度は必ず目を覚ませてしまいます。
そのため睡眠不足になりがちでそれもキツイのです。

痛みはひと月たってもふたつき経っても弱まることなく続きます。
起きているときは普通に座っていても絶えず痛いです。

ズキズキうずく痛みは5ヵ月経ても変わりませんでした。
でも足と違って歩行などに不自由しないのでかばって生活出来ます。

力仕事は無理ですが少々重いものでも腕を垂れ下げたままであれば握力だけで物を掴んで腰で持ち上げたりは出来ます。

腱が切れているので肩の関節はぐらついている状態で肩を動かすとゴリゴリなります。

手は上がりません。
私の場合は肘は肩の高さより上に上がりませんでした。
腕を一杯に伸ばして水平にも上げられませんでした。
電車のつり革に摑まるのは自力では無理でした。
もう一方の手で傷んだ側の腕を持ち上げれば掴めます。
でも目まいがするほど痛いです。

関節(骨)は壊れていないので骨折ではありません。
だから人に回してもらうと肩の関節は案外動きます。
でもグラグラして肩が外れているような感じはあります。

とにかくMRIでないと断定出来ないので設備のない病院では判断できません。
設備があっても若い医者では経験不足でX線でしか判断しようとしません。
私は二つの病院に行っても診断がただの炎症とされ治療が遅れてしまいました。

怪我してから4か月後に内科をかかっている大学病院で診てもらったら問診だけでほぼ腱板断裂と疑われMRIで確認という運びですぐ手術ということになりました。
もっと早くこの病院で診てもらえばよかったと思いました。

治療の遅れはリハビリの痛みを大きくさせると思います。
健全な肘関節を硬くし他の無傷な筋肉も硬く萎縮させてしまいます。
肩関節もどんどん固まっていきます。

とまあ長くなりましたがこんな感じでしょうか。

あれから一年

  • 2012/07/16(月) 22:47:49

7月に入ってやっと2日目の休日です。
もう疲れてて昼寝も夕寝もして夕飯食った後もうたた寝してました。

今日は1年前にスケボーですっ転んで肩腱板を切った日です。
手術してから7か月が経ちました。

あれからスケボーには近づいていません。
これからも乗ることはないでしょう。

それにしても今日は暑かった。
7月からの変則木、金休みに明日明後日会社に行けばあやかれます。

明日会社に行ってまた出張とか入れられてないように祈ります。
まぁ仕事自体はおもしろいのが救いですな。

術後5カ月経過

  • 2012/05/20(日) 23:19:31

気が付けば今日でちょうど5か月でした。
まだまだ痛みはありますがずいぶん肩は動くようになりました。
リハビリ通いはずっとさぼっていますが家で自主トレはなるべくやっております。
先週の通院で同じ病室、同じ肩腱板断裂の方とお会いしました。
GWのバーベキューで会ったばかりですがまたまたの再会。

お互い同じような回復進度でした。
ただ動かすのが苦手な方向などは個人差があるようです。

術後3か月経過時はたとえば電球の交換作業は肩が上に上がらないのでできませんでしたが今では痛みはあるもののちゃんとできます。

術前から術後3か月は痛めた側の手を「ハイ」って上にあげられなかったのですが今では出来るようになりました。
学生でもないのでそんな仕草をする必要は日常にはないんですけどね。

あと頭の後ろで両手を組むという仕草もやっと普通にできるようになったのもここひと月の間です。

でもまだまだ筋肉は全然戻らず非力なままです。
もともとインナーマッスルという類の小さな筋肉なので鍛えるのはなかなか難しいようです。

このケガはほんと長引きます。

あっそうそう先週から再開した子供のポケバイでケガをした去年7月以来久々にリコイルスターターを右手で引っ張ってエンジンをかけることができました。さすがに瞬間的な動きはまだ痛いのであんまりやらない方がいいみたいですが・・。

ひと月振りのリハビリ

  • 2012/04/03(火) 22:08:51

4月に入り気持ちを入れなおしてリハビリに行ってきました。
最後に行ったのが3月5日でしたから4週間ぶりでした。

自分なりに家でリハビリはしていたので筋力はそこそこ付いていましたがやはり関節の柔軟性は回復を遅らせてしまったようです。

患部の温湿布からはじまり自主トレ柔軟から先生によるストレッチを久々に行った。たっぷり1時間コースになる。
ストレッチはめまいがするほど痛いのだけどプロにやってもらうと全然違います。

また週に2,3日はがんばって通うようにしようと思います。

もうくそ重いVFにも何の苦も無く乗れるようにはなってはいます。

3か月経ちましたが

  • 2012/03/26(月) 23:29:10

本日、手術した病院に診察に行きましたがあまりの関節の硬さに少し叱られました。

ここのところ仕事が忙しく全然リハビリに行けなくなりあっという間にひと月経ってしまった。

退院後のひと月は日曜日以外はほぼ毎日行っていたのに、このひと月は気付けば2,3回しか行けなくなっていた。

今ほぐしておかないと後々後遺症が残るということでまたリハビリに励むようにと言われてしまった。

なかなか行けなくなってしまっているがさてどうやって再びリハビリに通うかな?

術後2か月

  • 2012/02/20(月) 21:42:14

手術からちょうど2カ月が経った今日、MRIを撮ってきました。
切れた腱がまだちゃんと縛り付けた位置にあるのかどうか見るためのようです。
完全にくっついていはいないのでしょうがもしも剥がれていたらもう一度あの手術をするかというともう懲り懲りだ。

結果は来週の診察までわかりませんが地道に通っているリハビリの効果も出てきて最近の肩の調子はなかなか良いです。

まだまだ肩や腕の筋肉は落ちたままですがMRIの結果が良ければ切れた腱の繋がっている筋肉のトレーニングが始まります。

今までのリハビリはその時までに周りの筋肉の筋トレと肩関節の柔軟をメインとした準備にしか過ぎないのです。
完治というにはまだまだかかりそうです。

乗ってみた

  • 2012/02/11(土) 18:21:07

やっと肩関節の可動域が術前の状態にやっと戻ってきました。術後7週は経ったところですがバイクに乗ってみました。
Tuonoは軽い車体なので取り回しもなんとか出来ました。
走り出せば全く問題ありません。
腕を肩より上に上げるのが困難なので一見ポジションの楽そうなアメリカンの方が乗り辛いかもしれません。
久々にツインの鼓動を楽しみました。
巨体のVF1000Rを引きずり出して乗る自信はまだありません。
20120211182106

退院後の外来

  • 2012/02/06(月) 23:05:13

先週は2日にわたり整形外科と内科の外来に行ってきました。
どうせなら同じ日にしてもらいたいのですが大学病院のため先生の都合に合わせてなかなかこちらの思うようにはなりません。

内科では肝臓の具合も入院前より良い状態を保っており問題ないことがわかりました。

整形外科では肩の方はまだまだ三角巾は続けるように言われました。
結構長い間世話になるので高かったのですがかっこいいタイプのを買っておいて良かったです。
白いガーゼの普通の三角巾じゃ会社でうろうろしてると目立ちますからね。
リハビリの成果は少〜しずつですが日常生活に現れてきております。

入院中に同室だった方を病室に訪ねましたがもうだいぶ面子が入れ替わっておりました。それでも数名顔なじみがいらっしゃいましたが早く退院されてほしい反面、本人達には申し訳ないけど2月もMRIやら診察やらで外来に行くのでその時また会えたらと思う気持ちが半々です。

同室仲間といえば、実は同い年だとわかりバイクやら世間話で意気投合したI川さんという方がおりまして彼が退院した後も見舞いに来てくれたりとメールなどでつながっている。

外来に行ったとき昼飯でも一緒に食べようと再会し彼の車でそのまま家まで送ってもらってしまった。
新青梅街道の東村山あたりのゴルフショップに行くついでということですがそこをはるかに通り越して家の前まで来てもらってなんだかもう申し訳ないようなうれしいような。

病院とI川さんの家は車で5分なのですがはるばる遠いところまでいろいろ話しているうちに2時間近い道中もあっという間に送ってもらってしまった。
なかなかこういう「友達」ってこの歳になってできないものですので今後も大切に付き合いたいものです。

彼が昔乗っていて放置状態のRZ250Rを息子が乗りたいと現在SP忠○でオーバーホール中なのでそちらの仕上がりも楽しみである。

術後40日目

  • 2012/01/29(日) 22:48:26

リハビリは24日の大雪の日と日曜日以外毎日行っています。
少しは筋力が戻ってきたようですが補助をしてもらっても当たり前な動作をするのにプルプル震えてしまいます。
肩の関節は相当硬くなっており腕を上にあげる角度はなかなか進歩しません。

三角巾をしなくても肩が抜けるような違和感はありますが買い物でホームセンターの中をうろつくくらいは出来るようになりました。
車の運転はほぼもう大丈夫です。
乗りたくなるのでバイクはあえて触っていませんでした。

今日ためしにスクーターにトライしてみました。
バッテリーはあがっていましたがキックでSR50のエンジンはすぐに掛かってくれました。

原チャリスクーターくらいの重さであれば気を付けて筋肉を使えば出し入れなどはOKでした。

結構自分でも意外でしたが肩を痛めてからあらゆる動作、作業を他の筋肉で補うように体の方が慣れていて無意識に切れた腱をかばっているようです。

さて、跨って走り出すとハンドルを一度握ってしまえば肩に動作がほとんど加わらないのでまったく問題なく町内を一周できました。

ただ転んだら一瞬で手術やり直しかな?と思うとやっぱりまだ早いかな。
明日は退院後初の通院です。一応まだ三角巾は付けて行くことになっています。

リハビリ

  • 2012/01/18(水) 22:40:04

リハビリは近所の整形外科の理学療法士に世話になっています。
入院中にあらかじめ電話で問い合わせて連絡状を持って訪れました。
毎日30分以上じっくりとマンツーマンで取り組んでもらっています。
関節の自由度を定量的に数値化し関節の状態を丁寧に確かめながら関節の柔軟と腱板に負荷をかけないように周辺筋肉の筋トレを行います。
自分でも本を買って勉強しています。
肩という関節は複雑でまだまだ症例、療法のデータ不足な部位であることが解る。
まるで機構学の書物のようで興味深い。
20120118224004