ハイエースもユーザー車検

  • 2012/12/03(月) 19:09:30

新車で買って3年が過ぎハイエースでは初めての車検でした。
やっぱり車もユーザーで通します。
前のルシーダーも12年近く乗りましたがすべてユーザーでした。

中古で買ったルシーダでさえブレーキパッドの交換くらいは自分でやり後はお店でオイル交換くらいはして車検は通ってきました。
一度光軸に苦労して予備車検屋さんのお世話になったことはありましたけど。

今回のハイエースは新車からの一回目、しかも距離はたったの1万4千キロしか走っていないのでユーザー車検でラクラクOKと言いたいのですがひとつ気掛かりがあるんです。

それは自分で組んだHID。
車検対応品ですがあんまり明るいので遠慮して光軸は思いっきり下にしてありました。
きっと車検は通らないはずなのでやっぱり予備車検屋さんのお世話になりました。

ホイールも変えてあるので念のためサイドスラスト、ブレーキ、速度計も含めてフルコースにしました。

今回お世話になったのは八王子車検場の出口の坂を下った国道16号交差点にあるアイズカーステージさん。
光軸だけなら3,000円ちょっとと聞きましたがフルコースでは5,250円と前回の別のお店よりは少々割高ではあったのですが、整備の方の感じの良さと車検場出てすぐの立地、そして「診させてもらった項目がもし車検で引っかかったら責任もってお世話しますからね」と頼もしいお言葉は心強い。

それにこの店は年中無休で夕方6時くらいまでに行けば予備検査をしてくれるとのことで大体の検査屋さんは土、日休みで夕方5時までには店仕舞いしてしまいますからこれはかなりポイント高いです。
今回は自分の都合のいい土曜日のお昼過ぎに検査してもらいました。

問題の光軸は右側がメチャクチャ下に向いていたみたいです。
そのままならまず四苦八苦していたでしょう。

そして結果はまったく問題なしの一発通過でした。
車検場にいた所要時間も書類作成含めて30分くらいでした。

今回はラインではユーザー車検のガイドの方が最後まで付いていただきとても親切でこれまでで一番スムーズにラインを通過できました。

なんとマフラーの排気検査もスタンプも車から降りずに全部係りの人がやってくれました。
なんだか申し訳ないくらいでした。
不馴れな素人がライン内で渋滞起こすこともこれなら無いですね。

結局
印紙代: 1,800円
重量税: 32,800円
強制保険:24,950円
書類作成: 1,000円
合計  60,550円 でした。

これでまた2年乗れるわけです。4ナンバーのハイエースが1年車検なのに対し3ナンバーのワゴンはその点でも良いと思います。

センターキャップ

  • 2010/11/21(日) 19:01:06

RAYSホイールに交換して半年が過ぎましたが真ん中に着くキャップが無かったのでご覧のようにハブ中央部から錆が出てきてカッコ悪くなってきました。

このホイールはグラムライツ57SXって銘柄なんですけどキャップにはその57って数字が書いてあります。
デザイン的には57って要らない気がしますがまぁRAYSオリジナルなので仕方ないか・・・。
 
とにかくピカピカになって気分いいですね。

ハイエース退院

  • 2010/11/14(日) 23:16:08

窓がガシャガシャ鳴っていたハイエースですがどこかを締め付けて簡単に直ったようです。
もちろんタダで直りました。
ついでに洗車もしてもらってピカピカになって戻ってきました。
それから前々から持っていたホイールキャップもついでに付けてまたちょっと変化したハイエース。
ここのところあまりいじっていなかったのですがどこか少し変わると新鮮なものです。

Tuonoのナットの修理はチョチョイと直るつもりでいましたが手持ちのカシメ工具ではパワー不足で直りませんでした。
ボルト、ナットを駆使して簡易的なカシメ工具を作ろうとしましたが丈夫な材質の内径6mm、外形8mmくらいの管筒が手元に無く断念しました。

簡易工具に再トライか専用の工具を借りて直すか手持ちの工具でカシメられるナットに変えるか迷うところです。
ナットの修理は今週に持ち越しです。

それからラジコンのコースに行ったり、三線教室に行ったりと休日もあっという間に終わってしまった。
一枚も画像がないのですが写真を撮る暇も無いくらいでした。

ハイエース入院

  • 2010/11/08(月) 21:33:16

最近ブログの話題にめっきりあがらないハイエースですが運転席側の窓がガシャガシャと変な音がするので買った店を通してトヨタに持って行ってもらいました。

はじめは気にしないようにしていても窓を半開きにして走るとドアのなかでガラスが割れてるような音がしていました。
段々ひどくなってきて、ちゃんと閉めていても高速では異音が出るようになり運転に集中できない。

買って一年以内だから保証が効けばいいんだけど効かなかったらもうトヨタなんて買わねーってなるでしょうな。

代車で軽自動車を貸してくれたんだけど家の駐車場が広〜くなった感じです。
「もう2台はバイク増やせるな」とすぐに思う自分がいました。

まぁまだまだハイエースは乗る気だしこれ以上バイクを買う気があっても買う余裕はありませんが・・・。

ホイール

  • 2010/05/01(土) 16:00:05

ホイール入れちゃいました。
RAYSグラムライツっていうんです。
タイヤはトランパスMP4にしました。
当初はこのホイールのブロンズが欲しかったんですが最終的にはメッキになりました。
ハイエース専用なので心配していたタイヤのはみ出しやタイヤハウス内の干渉など無くピッタリ付きました。
センターキャップもそのうち付けようかと思っています。

補助金

  • 2010/04/24(土) 19:50:30

最近仕事が忙しくなかなかブログの更新ができません。
残業してるか夜中まで飲んでるかの毎日でした。

少し前に次世代自動車振興センターというところからハガキが来ました。
シートを開いてみるとハイエースの補助金でした。

車を買ってから約4ヶ月ですが、しっかり手続きはされていたようで何よりです。

振込みにはさらに2週間程度掛かるということですが、GW連休前に良い知らせが届きました。

ホイール買っちゃおうかな〜。

テールランプ交換

  • 2010/04/06(火) 23:03:40

ハイエースのテールランプを換えました。
ハイエースを買おうと決めた頃からやぼったいテールランプは換えたいと思っていたので念願叶ったというところです。
人それぞれでしょうが自分はこのデザイン結構気に入ってます。




このテールはスモールとブレーキはLED化されているのですがついでにウィンカーランプもLEDにしてみたのですが照度に物足りなを感じて無難に純正の電球のままとしました。
バック球も試しもせずとりあえず純正のままとしました。
もう少し照度の高い橙色LEDを見つけたらついでにバック球も交換予定です。

フロントはスモールもウィンカーもLEDに換えました。
LED化では定番のハイフラ防止リレーに換えたのですがセキュリティーロックのアンサーバックがしなくなってしまいました。

調べてみるとウィンカー球のLED化には必ず付きまとう定番不具合みたいなものらしいです。
アンサーバックが無くてもミラー格納でロックの確認は出来るのですがやはりランプ点滅が判り易いですので対応リレーに買換え必須です。

リアゲートとラダー

  • 2010/03/28(日) 18:03:21

ハイエース、最初は標準ボディのスーパーGLを買う気でしたがワゴンGLに変更した中で一番の誤算というか「あれっ?」な点がありました。
実は納車当日にお店に行って現物を見たときにあらためてわかったことです。

それはリアバンパーの形状です。
普通に街中でよく見るバンタイプのハイエースはリアバンパーに凹形状のステップがあります。
トランポの場合はここにラダーを引っ掛けて使うのに重宝するのですがワゴンGLも同じだとなんの疑問も持たずに勝手に思っていたのです。

ところが現車を見てちょっとびっくり!無いじゃないですかステップ!
雑誌やネットなんかでもたまにリアバンパーにステップの無いハイエースを見てましたが大体がヤンキーな方向が好みの方々の改造なんで無関心でおりましたところよもや自分のハイエースも・・・という感想でした。

トランポとして使う目的で買ったのですからラダーが使えなくては話になりません。
なんらかの加工や改造をして工夫を要するものとなかば覚悟していましたが今日あらためて検証したところ意外と苦も無く買ったラダーが使えそうです。

画像のようにバンパーに干渉することなくリアゲートにラダーのツメが引っ掛ってなかなかいい塩梅です。

多少勾配が急ではありますがアーチ状でかつ補強足付きなのでなんとかなりそうです。
レースに出るまでの行程でひとつ厄介事が無くなりほっとしました。

ハイエースHID結果報告

  • 2010/03/22(月) 23:58:05

ハイエースでカプラーオンのHIDキットならバンパー外さずに作業出来るのか?の結果報告です。

朝10時から始めて午後1時までかかりましたが、まあなんとか出来ました。感想的には思ったよりは簡単ですがやっぱりちょっと面倒くさい作業ですね。

ハイエースのバンパーを外さないHID取付け作業手順がなかなかネットで見当たらないのここではちょっと詳しく書いてみようと思います。

まずバンパーにキズが付かないようマスキングテープやガムープで養生です。
ライトの上やドア側にも行います。
この養生は必須です。やらないとバンパーは100%キズだらけになります。

まずグリルの取り外し!
左右にネジ、クリップピンが1個づつあるのでそれを取ります。

あとは気合で手前にバンパーを引っ張るのだけれど上側にはクリップが4箇所嵌め合いがありそれらは簡単に外れます。
問題は下側に長いベロみたいな差込みのツメがありそれらがなかなか抜けません。(6ッ箇所くらい?)下向きにヒッカケの凸があるのでグリルの間から指を入れてこのベロを上に軽く曲げると抜けます。指が入んないベロもありますが大方外せればグリルは無事取れます。
次はライトの取り外しです。たった2個のネジで止まってます。
これらを抜いてライト本体を前方に引っこ抜きます。


ウィンカー側に大きな嵌め合いクリップがあるのでドアを全開にしてウィンカーとドアの間に出来た隙間に指を入れて「ガッ!」と引っこ抜きます。
この時ドアに指を挟まれないように必ず全開でやらないと危ないです。
風の強い日は危険なので助手くんに手伝ってもらうことをお勧めします。


ライト裏のゴムのカバーはHIDのバルブの太いところがどうにも入んないので少し切りました。シリコングリスをたっぷり塗って防水処理をしておきました。






これはノーマルバルブの時の写真です。
同じカメラで撮ったのですが下のHIDと比べると明らかに光の色が黄色いです。
これはこれで嫌いではないです。



こちらはHIDです。
あきらかにハロゲンに比べて色合いが青みがかった白です。
光軸が思いっきりズレているので調整が必要です。
ハイビームのインジケータも正常に作動しています。
まっとりあえず無事終了ということで・・・。

HID取り付け方法

  • 2010/03/21(日) 23:59:18

お墓参りで1日、子供の習い事関係で1日、せっかくの連休も残るは明日だけ。
明日は絶対にHIDキットの取り付けをトライしたいところです。
せっかくカプラーオンの簡単キットなので作業も簡単に済ませたいものです。

まずは明日の作業のためにハイエースのHID交換方法をネットで探ってみると殆どがバンパーまで外すことを前提としている。

最初は嘘だと思いました。
だってバルブ切れた時にそんなんじゃ素人がバルブ交換できないじゃないですか。普通はライトの裏側に手を入れて簡単に出来るものでしょ。
一応ライトはそういう構造ですがライト裏側の作業スペースがひどく狭い。
だからってもうちょっと頭使って欲しい物である。

設計で3DCAD使ってるならわかりそうだと思うのだが、3DCADならではの悪い産物もあるんです。
これもその一例かな?

2輪なんかも軽量化合戦で強度解析をソフトに頼りすぎて脆いホイールで量産まで作ってしまったり過去にあったと聞いたことがある。

3Dだからこそギリまで寸法を追いこんで設計出来るため
「ライト裏側には〜バルブの取り外しのためのスペースは〜ノミナル値的には〜確保されております〜」っていうクソ設計野郎の声が聞こえて来そうだ。
だが、そこまで手が入いんね〜ってーのこのバカ野郎!!

それでもよく調べていくと小数派ですがバンパーを外さずに作業OKという人達のサイトに辿り着きました。
でもやっぱりライト本体を外すことには変わりません。
それどころかライトのみならずフロントグリルも外さなければならないという検索結果でした。

バンパー外さなくてもこれは致命的な設計ミスでしょ。
よくこんな設計をトヨタの設計者は出来る物だ。
設計者としての良心が無いのだな〜と思います。
これもトヨタ式なんですかね。

ハロゲンの耐久性から交換頻度は・・・・とか、
法的にはなんの問題も・・・とか、クソ設計者的な言い訳の理論武装はしっかり出来てるんでありましょう。
しかしフォグが付いてるグレードならまだ救いもあるが夜の峠などでライトが切れたたりした時は予備のバルブを持っていても一般のドライバーには交換は出来ないだろう。

「まったくもう」である。
せっかく最近はハイエースが心から気に入り始めているのに残念である。

さて文句はこれくらいにして明日は作業をしてみます。