バイクを売ることに決めました。

  • 2013/04/26(金) 00:18:33

実は最近セロー250をもらっております。
でも置く所が無いのでいまだに元の持ち主に預かっていただいている。

セローの置き場確保のために年末くらいからVFを手放すつもりで実はおりました。
しかし最近は休みの度にVFを乗り回していますが当然のことながら乗れば乗るほどにやっぱり手放せなくなります。

そこで、もう通勤に使うことがなくなってめっきり乗らなくなったSR50Rを手放す方向で気持ちが固まりました。

それともう一台街乗りSZRもまだ持っているのですがそれもポケバイを卒業した子供が乗るNSR50の置き場を確保するために手放す予定です。

レーサーSZRはいまだバラバラですがそろそろ組み立てる気になってきました。

結局バイクの数はプラマイ0ですので狭い庭は狭いままですけど。

原因判明そして修理完了 SR50R

  • 2013/02/24(日) 02:02:24


なんとリードバルブが割れていました。
結構2スト乗ってきましたがこんなの初めてです。
走行距離数の浅いSR50Rでは考えていなかったトラブルです。

リードバルブの大きな破片は隣のバルブに挟まっていました。
奇跡的だと思います。

割れたリードバルブシート。
クランクケースリードバルブなので大きな破片がクランクケースに落ちていたらと思うとヒヤリとします。
バイクを手放すことになりかねません。
小さな破片は残念ながら落下したものと思います。
それらはこのまま様子をみます。

さて代わりの部品ですが入手性が悪そうで頭を痛めそうですが以前に組んだボアアップキットに含まれていたカーボンリードバルブシートが手元にあったのでそれを組むことにします。

ついでにキャブのインマニ側とフィルター側のラバーパーツのヒビを確認。
インマニ側は表面上のヒビでしたが

フィルター側のは完全に亀裂になっていました。

両方とも黒のシリコンシーラントを塗りたくりました。
これであっさりエンジン復活しました。

突然エンコ

  • 2013/02/21(木) 22:31:18

いつものように通勤に使っているSR50R。
今日の帰り道に走行中にエンジンストップ。

燃料警告灯が光っていたからガス欠と思いました。

それにしてもガス欠警告灯が光ってからもう少しは走ったはずなのにと思いながら最寄りのスタンドで給油するときにタンクを覗くとまだ十分なガソリンが残っていました。

いやな予感はすぐに的中。
満タンにしてもエンジンはかかりません。
点火はしているようだけどかかりそうで始動に至らない感じ。

プラグか、キャブかな?

仕方ないので2キロくらい押して家に帰りました。

週末に見てみようと思います。
致命傷でなければいいんですけどね。

速くなったよSR50R

  • 2012/11/24(土) 19:36:06


先週チャンバーを付けてうるさくなったSR50Rですがキジマのスチールウールとグラスウールのセットを買ってきて消音加工を施しました。

サイレンサーを貫くパンチング筒には消音効果を高めるために画像の様に3.2mmのドリルでかなり大雑把な千鳥ピッチで穴を若干拡大しました。
あまりたくさんの穴を拡大すると筒の耐久性が落ちるので千鳥にしているわけです。

穴の拡張は穴開けしながらややドリル歯を倒して楕円穴にし排気がサイレンサー内部に周り易い様に工夫しました。効き目はわかりませんけど。

まずスチールウールを全体に薄く巻いた後にグラスウールをグルグルと手巻き寿司みたいにまいてマスキングテープで軽く縛ってカーボン筒の中に収めました。非常に簡単な作業です。

説明書ではスチールウールはサイレンサー付け根側に熱対策のために部分的に使用するようですが自分は全体に巻きつけてみました。

サイレンサーを取り付けて早速エンジンをかけるとウソの様に静かになりました。アイドリングではあのペンペンペンペケとバカみたいに甲高かった騒音がノーマルより静かになったようです。

このサイレンサーはバラしやすいのでウール交換のみであれば作業はあっけないほど簡単です。
バイクいじりでこれほど作業の効果がこんなに顕著に表れるのはなかなか無いのではないでしょうか?うれしくなります。

走り出しからパワーアップを感じさせ70パーセントくらいのアクセル開度まではさほどうるさくもなくメーターはこれまでの最高速をあっという間に超えています。

さすがに全開にするとチャンバー然的な音になりツースト独特のあのチャンバー音が味わえます。

これはいい!
性能も大幅アップでメーターを難無く振り切るくらいになってしまいました。
やっと足回りに相応しい速度を得たSR50Rは走らせるのが非常に楽しいバイクに変貌。これがこのバイクの実力だったんだと思わされます。

夕暮れ時の試乗が楽しすぎて今日納骨したばかりの親父の墓までひとっ走りしてみました。

実は4STのスクーターが欲しくなってはいたのですがこれでSR50Rはまだまだ手元に置いておくようになりました。
明日も乗っちゃおう。

最後になりましたが今回サイレンサーのばらし方を教えていただける場を与えていただきましたカティスさんと回答していただいたサンコンさんに感謝申し上げます。

うるちゃい

  • 2012/11/18(日) 21:42:24


久々にスクーターの話。
去年ヤフオクで買っておいたチャンバーを付けてみました。
このチャンバーは「ノーマルより静か」「チャンバーとしては音量は物足りない」などの情報がネットにありますがその反面「オイルでウールが詰まっているとかなりうるさい」という情報もありました。
結果からすると後者の方でした・・・・トホホ。

このバイクは改造チャンバー取り付け防止のためにメーカーがちょいとフレームに細工してあるのでその部分をサンダーで切らなくてはならなく装着には手間がかかります。

やっと取り付けた後にエンジンをかけると
アイドリングで結構うるさく、走り出そうとアクセルを開けるととてもじゃないが爆音過ぎて乗れません。

サイレンサーを外すと内部は外観とは異なりベタベタにオイルまみれになっており明らかに目詰まりしていました。

ウールの交換をしようと思ってもこのサイレンサーはリベットがなくどうやってバラすのかわかりません。

だれか教えてくれませんかね〜?

レオビンチZXチャンバー

  • 2011/01/29(土) 17:52:42


SR50Rを手に入れた当初から興味あったのですが新品では4万以上するし、買ってみたけど音が大き過ぎ!なんていうことになるとお金がもったいない。
ヤフオクにいいのが出るのをずっと待ってました。

出展数の少ないレア品でなかなかオークションでお目にかかれない。
出てもばっちぃ〜サビサビなのが強気なスタート価格だったりと買う気になれるものが出なかった。
今回これは5千円スタートではじまり1万以上まで行くだろな〜と思っていたら8010円というリーズナブルなお値段ですんなりゲットできました。

もともとスチール地肌のチャンバーなんだけど錆が出たのか黒く塗ってあります。自分でも同じことをするつもりだったから手間が省けました。

しかしSRにはこのような社外チャンバー取付防止の策として車体フレームに変な突起物が生えており純正以外のチャンバーはエキパイ部分が干渉して付かないようになっています。

サンダーでそいつを除去しなくてはならないので取付はもう少し先になりそう。

しかし音が大きすぎたらどうしよう?今さら小僧じゃあるまいし・・・。

9本ローラー装着

  • 2010/12/29(水) 16:00:27

昨日の予告通りSR50Rにいよいよポリーニのハイスピードキットを組んでみました。といっても結局バリエーターを変えて9本ローラーにしたのみです。

いろいろ問題というか??って感じがしてキットの殆ど部品が残ったような結果になりました。その内容をご説明しますと・・・
まずプリーの片方なんですが画像のように決定的に形状がちがう!
左側の物がキットに付属しているもの、右側が純正品。
純正はセルモーターからの駆動を伝える歯がプーリー全周にあるのに対しキット付属品にはそれが無いのです。
これではセルどころかキックも出来ないのではないだろか?


いや〜な予感はしつつも左の画像の如く両者を重ねてみてもテーパー自体は同じようなものなので純正品を使い続けることにしました。
神経質な人だともうこの時点でこのキットに見切りつけるかもしれません・・・。

これらバリエーター側プリーの回転中心のスリーブも付属のものは純正にくらべ長さが1.5mmほど短いのですがこれは加速時において出だしの速度を高める意図があると思われますがとりあえずそこら辺はすべて純正のままにしました。
説明書読むと4.5mmのスペーサーを入れてなどと書いてありますがこれも使いませんでした。もしかしたらベルトのセンターが出てないのかも?などと思っていますが様子を見て考えます。

結局のところ下の画像のように交換した部品は黒いトレーの中の部品のベルトとバリエーターのみです。
箱に入っているキット付属品はまだ未装着のままです。

とりあえずこれでまた走ったので良しとします。
インプレとしては出だしがよくなり最高速に到達するのが早くなりましたが激的に何かが変わった感はありませんでした。
まぁ付属品がこれだけ沢山余ってるわけですからこれからまた徐々にいじっていきます。
それから気になったことはポリーニのローラーは側面の印字向きを頼りに組んではいけないということです。
画像のように印字向きは一緒でも良く見るとローラーの表裏は違うのです。
金属部品の挿入方向を良く見て組み付けないといけないようです。
ただし、説明書が判りにくいためローラーの方向は揃えられましたが方向はあっているのか怪しいので不安が残ります。

しばらく走ってもう一度ばらすかもしれません。
クラッチ側はなんにもやってませんから・・。

直ったよーん

  • 2010/12/11(土) 23:23:35


結局プラグでした。
NGKのBR8ES(右側画像の上のやつ)に換えたらあっけなくエンジンがかかりました。
ついでにメインジェットも60番から75番に変えておきました。

それにしてもまだSR50は3500キロくらいしか走っていないのにダメになるとはチャンピオン製プラグはなんて耐久性が低いのだろう。
画像を良く見ると電極内側にスラグのようなものがあるのでこれが原因かな?

30年近くバイクに乗ってるけどプラグが直接原因でこんなトラブルになったのは初めてだ。

最初から付いていたのだけど今後も自分でわざわざチャンピオン製のプラグは買わないだろうな。
実際NGK以外は使ったことがないんだけどね。

ところでキャブ洗浄の際にエアスクリュの戻し回数を確認せずに外してしまい困りました。
ちょっと走って簡単にセッティング出したんですが戻し回数は4・1/4回転となったんだけどノーマルは何ぼなんでしょう?こんなもんでいいんでしょうか?

とにかくまた乗れるようになって何よりです。
お騒がせしました。

んで午後はラジコンに行きました。
貸切状態でたっぷり楽しめました。
しかし子供にラップタイムがコンマ3秒以内まで追い詰められてしまいました。ヤバイそろそろ負けるかも。

全然ダメだ〜

  • 2010/12/05(日) 23:06:05


キャブをキレイにしてもだめでした。
プラグを変えようと思ったら昨日買ったやつはあきらかに違うタイプ。
NGKの適合表でSR50RはインジェクションとH2Oっていう2種類しかないんだけどH2O(水冷?)っていう方にしたんだけどこれは合いません。

買ったお店に今まで付いていたのを持って行ったら交換してくれました。
しかし夕方暗くなったので試すまではいきませんでした。

お店は気持ちよく交換してくれました。
差額分まで返してくれて恐縮してしまった。
東京パーツ城西はいいお店ですよ〜って宣伝しちゃいます。

燃料が行ってないように思ったけどフロート室にはそれなりに溜まっているようだしあとはプラグ交換に望みをつなげるしかありません。

プラグ穴から見た感じでは焼きつきとかはなさそう。
今度の土日までお預けです。

SR50Rその後

  • 2010/12/04(土) 21:59:07

まずはプラグチェックをしてみました。
鉄粉めいた物の付着はありませんでした。

そのかわり純正と思われるチャンピオン製プラグは完全にカブっていました。
クランキングは普通にしてるように思われるので果たしてボアアップキットにトラブルがあるのかは判断付かない状態です。

シリンダーをまた外すのは億劫ですのでキャブレターを外してみました。
外見は物凄く汚れていました。
中はキレイでしたがじっくり清掃しなくてはならないくらいベタベタでした。
なんでこんなに汚れるんだろ?

それからプラグはちゃんと火花は飛んでいましたがNGKの適用品を買っておきました。

疑わしいのは燃料が負圧バルブのトラブルでキャブに回ってないのでは?というところです。
キャブから燃料ホースを外す時ガソリンの垂れがほとんどなかったので試しに負圧側のパイプに息を吹き込んでも大してガスは流れ出なかったのでそう思わせます。

しかし、やはりボアアップキットかな?という感も否めません。
2年間ノントラブルでキット組んだらすぐ出たトラブルですからね。
いずれにせよ明日には現実を直視することになろうかと・・。