SPONDON M1-R

  • 2008/03/21(金) 20:04:17

見た感じは本当に小さい。
「これ何?」って感じのバイクです。
なんとなくグースを感じてしまいます。
タンクの角がキャン玉をひどくいじめるそうです。




フレームはピカピカに鏡面研磨されてます。
溶接がうまい!(当たり前か)






ひとつひとつ丁寧に造られています。







向こう側が見えちゃってます。







見ない見ない。








スーパートラップタイプの2本出し。
側方排気サイレンサーなのになぜかダミーのエンドキャップみたいのが丁寧に溶接されているのが不思議でした。
ダミーじゃないのかな?どうなってるんだろ?
でも、決勝の時はまたちょっと変わったみたい。
もっと良く見ときゃよかった。



オイルタンクがこの位置にあってもちゃんとオイルは回るんだと思った。

ちょっとしか見てないけど一番感心したのはこのフォークオフセット量をアジャスト出来る機構まで付いているところだ。


キックの様子からおそらくハイコンプとハイカムもセットで入っていることでしょう。
セル式だと回らないかもしれません。
完全にセッティング出して乗る人が乗ったら筑波5秒切るだろうな。
おいら?無理です。バイク小さすぎます。
でも乗ってみたいとつくづく思うバイクに久々に会いました。

ずーっとこういうバイクをいつかは自分で設計してSZRのようなシングルエンジンを積んだESマシンを造るのが夢でございます。
構想期間なんと15年過ぎましたがまだあきらめてません。

2008型 BB1 by Domingo 大友さま

  • 2008/03/12(水) 22:33:18

             

             

             

お願いして画像を送ってもらいました!
おいらが密かに「北の大親分」とお慕いしているDomingo大友さんのBB1です。

去年のSUGOで撮影しようとした矢先にレース前のブリーフィングになってしまいそのままだったことを後悔していたのですが今年になってキレイにカラーリングも一新しての登場です。

エンジンもO/Hを終え20日のシェイクダウンが待ち遠しそうです。
SUGOが大好きなおいらにとってはうらやましいです!
いや〜それにしてもすばらしい出来栄えですな〜。
一緒に走れるのが楽しみです。

ラップタイムの推移。

  • 2007/12/30(日) 00:01:26



参加台数に続いて筑波におけるNS1のレース中のファステストラップの推移をまとめてみた。
自分の自己ベストタイムのラインも引いてみた。
今年はこの自己ベストの更新には至らなかったのが少々心残りではある。

優勝車種についても調べてみたのでなかなかいいデータになった。
(そう思う人ってこの世界中で一ケタくらいしかいないと思うと淋しい・・・

2003年くらいまでは1分10秒を切れれば優勝できるチャンスがあり、10秒前半であれば表彰台が可能であった。
おいら自身は99年あたりからここら辺までのレースリザルトを雑誌やインターネットで見ていてレース再開の準備をしていた。

しかし自分がレースを再開し始めた2004年以降は更にタイムは上がって行ったのであった。

本音を言うとSRXで走っていた頃のタイムからSZRをもってすれば、すぐに優勝しちゃうんじゃない?なんて余裕をぶっこいていたのであった。

だが「そんなはずじゃ・・・」と思うくらいトップの人達はタイムを伸ばして行き優勝するのは容易では無くなった。

それと同じくしてトップクラスのタイムが上がれば上がるほど参加台数は激減して行った事になる。

そして各レースの優勝車種をまとめてみると・・・。

続きを読む

筑波での参加台数の推移

  • 2007/12/29(土) 00:19:14



上のグラフは1998年より過去9年間に筑波で行われたツーリストトロフィーのノーマルシングル1(NS1)の参加台数である。

2003年に40台を超えるピークの後は今や10台を切る低迷ぶりだ。
予選落ちが無くなってみんな決勝を走れるようになったのだが、あまりにもさびしい台数だ。

来年は一体どうなるのだろうか?

今年の戦歴

  • 2007/12/28(金) 22:38:12

今年もあともうちょっとで終わり。
今年のレースを振り返ってみると、筑波2戦にSUGO1戦の計3戦といつもの年の半分しかレースをしなかった。

筑波の3月のレースはクラッチが滑ってリタイヤ。
6月は優勝。
SUGOでは10月のレースで優勝することができた。

リタイヤは悔しかったが転倒も無く他の2戦を優勝で飾ることができたのは上出来だと思う。

何より筑波での優勝というのはブランクはあったものの20年近く目標としてきたことなので今年最もうれしかったことと言っても過言ではない。

各サーキットの来年のスケジュールも発表されてきているがここ最近の筑波でのレースデーターをまとめてみたので発表します。(大袈裟か?)

東北で見た!珠玉のマシーン?

  • 2007/11/19(月) 21:44:47

Normal Single(NS-1) Class
YAMAHA SRX 600
タケルR&MSサトウ&高原建設RP
Rider Yoshihiro Kuronuma










これもまたキレイに仕上がっています。
ピカピカです。

東北で見た!珠玉のマシン?

  • 2007/11/02(金) 22:28:07

Normal Single(NS-1) Class
SUZUKI Goose 350
Team DDBOYS岩手
Rider Hideo Yagi








見とれてしまう美しさです。

東北で見た!珠玉のマシン?

  • 2007/10/25(木) 23:04:04

Normal Single(NS-1) Class YAMAHA SRX('90)
Team RSシラタmumu+安倶楽や
Rider Takahiro Ohyama

セル付きの600ですね。
今回久々の参戦だとのことですがしっかり表彰台に上っていました。
しゃべりが面白いライダーさんです。

元々のカウルは何用だったのかはっきりしませんでしたがおいらとしてはVF400Fのビキニカウルをカットした物とにらんでます。




東北で見た!珠玉のマシン?

  • 2007/10/23(火) 22:06:22

SUGOで活躍しているSZRです。
今では手に入らないTigcraftのオイルタンクが付いています。
これ欲しい〜。

Normal Single(NS-1) Class Belgarda YAMAHA SZR('96)
Team RCボーダーライン&山形市役所
Rider Takeshi Sekiguchi






東北で見た!珠玉のマシン?

  • 2007/10/20(土) 22:22:39

今回のレースでは隣のピットだったグース350のご紹介です。
この方は過去のSUGOの参戦記でも度々記していた方で排気量の差をコーナーで詰める職人のような乗り方をする人なんです。

直線の長いSUGOで排気量の差はいかんともしがたい状況でもいつもガンガン攻めてタイムを詰めていく。
馬の背や最終なんかでぬるい突っ込みしていると何度バビュ〜ンってアウトから抜かれたことか!

Normal Single(NS-1) Class SUZUKI Goose-350('90)
Team SBSみやぎの安倶楽や幸楽仙台店
Rider Kokubu Toshimi